日本精神保健福祉士協会新潟県支部、精神保健福祉士、PSW、ソーシャルワーク、精神科ソーシャルワーカー、医療社会事業
日本精神保健福祉士協会新潟県支部、精神保健福祉士、PSW、ソーシャルワーク、精神科ソーシャルワーカー、医療社会事業
新潟県精神保健福祉士協会HOME
お知らせ
活動紹介
入会案内
会員専用
リンク集
お問い合わせ
風景
活動紹介

精神保健福祉士とは 精神保健福祉士の職場 目的 活動内容 会長挨拶

精神保健福祉士とは

 1997年12月に誕生した、精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。
 精神保健福祉士は、精神科ソーシャル・ワークの専門職として、社会福祉学を学問基盤におき、精神障害者の自己決定権の保障を基本にすえて、彼らのかかえる生活問題や社会問題への解決のための援助や、精神障害者の社会参加に向けての援助活動を行っています。

精神保健福祉士の職場

医療分野 精神科病院、総合病院、診療所、デイケア施設
行政機関 保健所、保健センター、市町村、精神保健福祉センター
社会復帰施設 生活訓練施設、授産施設、福祉ホーム、福祉工場
その他 相談支援事業所・地域活動支援センター・就労支援事業所…など
上記以外にも、高齢者の施設、職業相談の場、児童相談所、社会福祉協議会、企業、学校等、さまざまな現場で精神障害に関連した問題が増えており、精神保健福祉の知識や技術を持った精神保健福祉士への期待はいっそう高まっています。

目 的

本協会は、社団法人日本精神保健福祉士協会に準じ、新潟県における精神保健福祉の発展に寄与することを目的とする。
(新潟県精神保健福祉士協会規約第3条より)

活動内容

会員の研究の促進と資質の向上を目的とする会合の開催。
機関誌等での情報発行、発信。
精神保健福祉(精神医学ソーシャルワーク)に関する調査及び研究。
関係諸団体との連携及び協力。
会員が本協会の組織運営に関して協議する総会の開催。
その他本協会の目的を達成するために必要な事業。
社団法人日本精神保健福祉士協会が行う事業への協力。
 (新潟県精神保健福祉士協会規約第4条より)

会長挨拶

ごあいさつ

 新潟県精神保健福祉士協会(以下、当協会)は、設立から42年目を迎えております。平成28年度の総会時点では、220名の会員が在籍する専門職団体となりました。また、県外施設や他職種の方からも入会があり、当協会の活動に多くの方が支持・賛同くださいますこと当協会を代表して深く感謝申し上げます。

 このように、当協会は人材に恵まれた環境にありますが、一方で、精神保健福祉士を取り巻く社会情勢は、ここにきて、大きく変化しております。先般、神奈川県の障害者福祉施設で発生した大量殺人事件は、戦後最大の悲惨な殺傷事件として社会全体に大きな影響を与え、政府は措置入院の制度の見直しに向けた方向性を表明しております。

 この事件後、精神障害者が危険な存在であるという偏見を助長するとも思われる報道が各社から発せられておりましたが、いち早く当協会の関連団体である公益社団法人日本精神保健福祉士協会は精神保健福祉士を代表して、「精神障害との因果関係が明らかでない状況下の偏狭な報道により国民を惑わすことがない声明」を発して、他の専門職団体にはない世論に対する警鐘を鳴らすことで精神障害者の権利擁護の機能を果たしていたと思います。

 今後、措置入院のあり方は、権利擁護が十分に保たれた仕組みの導入が不可欠となるため、これまで以上に、その担い手として、各都道府県に在籍している精神保健福祉士の一人ひとりの力量と存在が期待されることとなります。また、精神保健福祉士が精神障害者に対する社会的復権と福祉増進に向けた専門職として、その機能を果たすためには、今までに培った保健・医療福祉の領域における経験や技術に必ずしも偏ることがなく、社会変化と共に、精神保健福祉士としての支援を各自で模索するという作業が必要になるのではないかと思います。また、従来の自らの活動領域が変化すること、そこに携わる精神保健福祉士が主張していくことを怖がらずに、実際の場面において柔軟に対応することができる能力を身につけることこそ、精神保健福祉士に加えていかなくてはならない機能ではないかと考えております。

 会員の皆様におかれましては、引き続き、当協会を自己研鑽の場として有効活用してくださいますようにお願い申し上げまして、ご挨拶とさせて頂きます。

会長 大屋 未輝

新潟県精神保健福祉士協会
右空 右枠線